自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【人気再アップ】ラブにおいて「自分の思い通り」にするためには?


今日から大阪のLOVE資産運用コース。

昼から工口に関するちょっとしたこと。

胸が大きい人は胸を強調する。ダイエットしない。
胸が小さい人は体のラインや脚を強調する。豊胸しない。
ほっそい人は細さをアピール。ぽっちゃりさんはぽっちゃりを出す。
コンプレックスを隠してはならない。
それが好きな人にマッチするように堂々と出す。

男が体で見るポイントは胸と脚。(両方重視する人はいない)
胸と脚をどのように見せるかよく考える。

胸が大きい人はVラインを意識する。簡単。
では小さい人は、この時期なら
小さいことがわかるぴったりしたTシャツなど着る。
一般ウケは悪い。が小さいフェチには反応がいい。
その代わりくびれを出す。

逆に脚が太い人は、出してもいいがなかなかできないという場合。
腰回りとお尻の大きさを強調できるスカートなどを履く。
脚が隠れていても太さが想像できるようにする。(決して隠すのではない)

ドSやドMの場合。
それとわかる発言を必ず堂々と行う。威張るという意味ではない。
控えめでも、はっきりでもいいから
自分はSやMだということを明確にしている人のふるまいをする。

胸や脚を強調したり、SやMをはっきりさせると
ろくでもない男がよってくるのではないか?
いやむしろ寄って来たことがある!と不安を持つことも多い。

が。

自分の思い通りラブをやってる人はみんなその道抜けてます。
思い通りの結果になっていない人は全て
本来の自分の持っている体や心を知られたらうまくいかないかも・・・
という不安から自分を見せているので
それに合った(自分には合っていない)無害な(ぴったりではない)相手を選ぶ。

そういう心理のメカニズムに沿ってる。

ブサイクやブスの場合、
堂々と、しかし明るく生きる。
コースで言っているけどもラブではなく幸せであることを手にしてしまう。

それでなぜかモテる。

顔の作りが一般的に言う「ブス」の場合
子供の頃からそういうことを言われたり傷ついたりしているので
マインドもそうなっているし
過去の経験から人間関係を恐れる。

恐れや不安は、背景にどのような事情があれ
上に書いたメカニズムに沿う。

最初は堂々と明るく振る舞う。毎日を充実させる。
自分の体の形や感じるところも知る。毎日開拓する。
自分が必要なラブを手に入れる【具体的な方法】だけ考える。

自分の持つ特徴が好きな人に、存分に愛してもらう経験を増やす。
結婚していても同じ。
別に肉体関係を持たなくてもいい。

どこを愛してほしいかではなく、どこを愛されるべきか知る。
それを出せる人に、その人が出せるところまで出してもらう。
搾り取る。

それができたら次は、

自分がさほど愛してほしいとは思わないところでも
めっちゃ好きと言ってくれるところをもらい、
自分が愛したいと思っているところを
都合良く存分に愛させてくれる人にラブしまくる。

誰にとってもこれは同じで、
そして誰にとっても簡単にトライできる。
ごまんと異性がいるこの世界で
確率論的に考えて、結果を得るのはさほど難しくない。

結婚している人も、自分の人生を生きると言う意味ではここがスタート時点になる。
いきなり妥協と調整からはじめてラブが充足することはない。

トップに戻るボタン