自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】いきなり手紙 0409

ロンドンから帰国し、居候をし、寮つきの仕事をしている間に将来のことを考えた。国際関係に進みたいと思った。別冊アエラの国際関係学がわかるという雑誌を買ってきて、そこに寄稿している大学教授とジャーナリストにいきなり手紙を送った。自分の立場、どうしたいか、どうすればいいかアドバイスがほしいと書いた。
32通中、16通が帰ってきた。有名な軍事ジャーナリストは電話で何度か話してくれたし、当時京都に住んでいたが京大の教授は部屋に招いてくれた。
最終的にそれが成果には結びつかなかったが、文章発信することで現実が動くことはわかった。

前話: 【千式】卒論 0408

次話: 【千式】長編コラム 0410

トップに戻るボタン