自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】いるべきを知っている 0222

貧乏や苦しい時期、何も見出せないときは辛い。どうしていいかわからない。先が見えない。それでも歩き続けられるのは「自分がこの状況にいるのはおかしい」と知っているかどうかにつきる。こういうものなんだ。これが人生だとすると終わる。
おかしいことはいずれ解消されるか、自分でどうにかする。その日が必ず来る。それが分かっていれば「どうやればいいか」などは後回しでよい。最終的にどうやったかわからないこともある。
人生視点で考えるとき、どうすればいいか、先が見えるか、は全く重要ではない。自分がどのような人間であり、だからどこにいるべきなのか?を知っていることが重要だ。

前話: 【千式】今この時の自分 0221

次話: 【千式】軸を作る 0223

トップに戻るボタン