自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】しくみ化 0722

現場では、圧倒的に1歩目に進むか進まないかで悩んでいる人がいる。5歩目を歩く人はもはやその現場にいることはできない。だが現場の現状や現実を無視することはもっとできない。これまで提供してきた1歩目や2歩目を拡大する必要に迫られる。何かの形で量産体制を築かなくてはならなくなる。
それは人数によってか、機械によってか、効率によってか、制度によってかはわからない。モノによって異なる。だが必ず数をさばけるようなしくみを作る必要に迫られる。多くの場合でこれまでの数を増やす方法は通用しなくなる。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】進んでいない 0721

次話: 【千式】整備拡張 0723

トップに戻るボタン