自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】どちらでもよい 0962

目先のことを一生懸命やる、とよく言われる。
だが長い目で見れば目先のこと、たとえば甘いものを食べるとか大きな金額の買い物をするとか、そういうことは長期的にほぼ何も影響を与えない。何を選んでも、どちらにしても結果は変わらない。成果や売上がそのとき上がっても上がらなくても変わらない。感情も無駄に終わるということがよくある。
目先の「どちらでもいいこと」に、あまりに目が奪われている。どちらでも良い。

前話: 【千式】目も当てられない 0961

次話: 【千式】どちらでもよくない 0963

トップに戻るボタン