自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】どちらでもよくない 0963

だが長い目に確実な影響を与えるのは目の前のひとつひとつだとも言える。毎日のひとつひとつだけが未来を作る。毎日怠けていれば10年後かなりダメな世界を作るだろう。
毎日の作業に意識と能動を入れることができるようにする。そしてその試みが無意識に落ちたらその意識と能動・・・ときに情報を全て捨てる。あとは自動的に作られるべき未来が作られる。だから甘いものを食べるときがあっても、稼げないときがあっても問題にならなくなる。
漫然と生きているくせに、今日は甘いものを食べてもいいとか、稼げなくても幸せだというのはただの甘えでしかない。


月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】どちらでもよい 0962

次話: 【千式】親知らず 0964

トップに戻るボタン