自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】なんとなくな人 0620


なんとなく近くにいれる人、がいるべきな気がしている。心が通うとか協力するとかそういうのがない。ただ近くにいる。箸にも棒にもかからない。メリットもデメリットもない。近くにいられるということは、オレがイライラせず、期待もせず、邪魔で迷惑でもなければ、ありがたいとも思わない。
ただし、いなければ何かの調味料が欠けている不足感を感じるようなそんな存在が必要だと思っている。もしかしたらそれはペットかもしれない。だがそういう種類の人が必ずいて、それをオレは何の根拠もなく必要だと思っている。

トップに戻るボタン