自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】ふさわしい負荷 0915

自分に厳しいかどうか。負荷をかける習慣を持っているかどうか?は「仕上げる」かどうかで見分けることができる。何に対しての仕上げかというと、最初自分が決めたことを決めた通り、決めたまま、その状態にするか?ということになる。
簡単なように聞こえるが、実はそうでもない。至っていないのに自己評価でできたことにするようなのはもちろんNGだが、決めたこと以上にやるのもNGだ。決めたことを決めた通り、決めたようにできるには相応の「ふさわしい負荷」が要求される。
成果を超えてしまうというのは負荷を誤ったということだ。負荷を誤ったけど成果が上がったのだからいいだろ、と言い訳している。

前話: 【千式】向上と負荷 0914

次話: 【千式】周囲へ負荷 0916

トップに戻るボタン