自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】みっちゃんの本音 0679


「アウトサイド」1話目はここから

林が調べた限り、野間良枝の生涯を通じて親しい友人というのはあまりいない。あくまで他人比較であり、少ないからダメだというものでもない。ひとまず林は幼少時に仲が良かったとされているみっちゃんに直接話を聞くことにした。時はみっちゃんが仙台に移り住んでからだ。空き地で遊ぶみっちゃんこと鏑矢みつはに林は声をかけた。
「良枝ちゃん?ううん。別に好きとかじゃなかったよ。良枝ちゃんはずるいんだもん。お父さんは生きているし、おうちもお金持ちだし。食べるものだってあるのに分けてくれないし。え?よく一緒に遊んだって?うちは貧しかったから良枝ちゃんのお母さんが同情しただけ。厄介払いに私がちょうど良かったんじゃないの?・・・うん。別に嫌な顔はしないよ。楽しくもなかったけど別に嫌でもないし。なんか良枝ちゃんてそういう子だよ。仲がいいとかそういうのはなかったな」

比較メインサイドストーリー みっちゃん 0663
 

トップに戻るボタン