自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】わからないまま終わらせる者 0158

さて、ここまでの「理解」に関するエトセトラで、どれだけの人がこれをやるか。どれだけの人がすでにやっているか。相手への飽くなき理解を続けているのか。
やっている者とやっていない者、結局やらない者は決して分かり合えない。やっている者が一方的にわかっている。分かり合えないとわかっている。やっていないものは分かり合えるか合えないかではなく、理解が何か?すらわからない。

わからないで終わらせる者は、結局そういうことだ。わかったつもり、わかってると思いたい者も同じ。救いようはひとつもない。

前話: 【千式】理解を告げる 0157

次話: 【千式】理解しない者に用はない 0159

トップに戻るボタン