自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】オレの光源 0810

ずっと絶望の闇の中で道を探してきたと思っている。ビジネスは既存にあるいち手法でしかない。興味はない。お金は稼ぐことに興味はなく、使うことに興味がある。Googleを作ればいいのか。サンタフェ研究所を作ればいいのか。手技による新しい治療手法を開発し世界に広めればいいのか。どれを取ってもあまりに不足している感だけが残る。
オレは一体何がしたいのか。光源はどこにあるのか。概念であり、生き方に関わることというのはわかっている。標準値を作るということもわかっている。地味に手前からやるということもわかっているしやっている。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】ロールモデル 0809

次話: 【千式】天寿を全うする 0811

トップに戻るボタン