自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】ギリある最高は何か? 0279

下から伸ばす方法では超越才能そのものを使っていることにはならない。部分の切り売りを大きくするだけでしかない。もっと大きなもの。もっと先のこと。もっと深いこと、からはじめる。ありえないことだが、自分にとってはギリギリあり得る最高のものは何か?その「最高のものを思いつく」という時点で超越才能があり達成可能である可能性が高い。
世間情報はもちろん、イノベーションも、現実も、成功も、常識も役に立たない。過去の事例も効果を出さない。いきなり超越する必要がある。時間はかかるかもしれないがかからないかもしれない。いきなり何ターンも進んだ大発明家になるような見方をしなければならない。

前話: 【千式】超越才能を再現する 0278

次話: 【千式】プライベートの先駆 0280

トップに戻るボタン