自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】クマの死 0333

クマは4歳で死んだ。高校の時の夏休みは家から避難するため毎年父のいるバンコクに行っていた。高2の夏休み、荷物をまとめて家を出るときにクマが明らかに悲しそうな顔をし、明らかに涙が流れていた。動揺して話しかけ、昨年も行ったし大丈夫だとかいい、時間がないので家を出た。バンコクにいる間に、ベランダに置かれたクマはその日に限って母がリードをつけたままで、ベランダの隙間から外に脱走しようとして首を吊って死んだ。

前話: 【千式】クマの話 0332

次話: 【千式】教師に恵まれない 0334

トップに戻るボタン