自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】クマの話 0332

中学校の時サッカーの練習をしていると捨て犬の小さな子が溝に落ちていた。連れて帰って飼うことにした。名をクマという。母親が頭がおかしくなってバンコクに父親を追い詰めに行ったことがあった。こちらはバイトができるしうるさいのがいなくなってせいせいしていた。家に帰るとクマがタンスにおしっこをしていた。もちろんほったらかしにしたオレが悪い。なのにオレはキレてクマを殴る蹴るとした。いつもはおとなしいクマがこれは悪くないはずだと思ったのか、牙を剥いて反抗した。それにまたキレ、木刀を持ち出して痛めつけることにした。
弁解の余地はなく、今でも後悔している。

前話: 【千式】金の切れ目が縁の切れ目 0331

次話: 【千式】クマの死 0333

トップに戻るボタン