自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】サンプル数 0734

標準値になりやすいポジティブな逸脱。これが未来に出現する可能性が高い。なら出現する未来を扱う側は、現在の状態から次の状態に人が移りやすいものの中で、現在すでにあるポジティブな逸脱は何か?というように探る。
通常問題を解決する場合のポジティブな逸脱は、サンプルケースの量を取り分析に時間をかけるが、出現する未来を扱う場合もほぼ同じように行う。未来の「方向」ならわかりやすいし出現しやすい。だが、実際に何が採用されるかを予測することはできない。
数にトライするしかない。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】なりやすい 0733

次話: 【千式】2種類の方法 0735

トップに戻るボタン