自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】シルクロード 0709

「方向を決めて進み、構築されてしまう」もの。これが出現する未来になる。最初は近くの人と物を交換し商売をしていた。すると、その相手は東の向こう側とも商売をしているらしい。相手の向こう側の商品も入ってくるようになる。その向こう側は、また向こう側と取引をし、その向こう側もまた向こう側と取引をしている。そうしていつの間にか長い一本道が構築されたのがシルクロードになる。
一旦道が築かれればロングスパンで行商するキャラバンが出てくる。それまでは出てこなかった。これからは出てくる。これが出現する未来になる。目的を持って冒険開拓するのではなく、構築されてしまう作りによって世界観が出現する。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】着地点不明 0708

次話: 【千式】偶然と自己組織化 0710

トップに戻るボタン