自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】ダークグレーのスーツ 0675


1話目はここから

寂しくなったところに誰かがいたら、誰でもその手を取ると思いませんか?林さんが現れたタイミングはまさにそんな時でした。ところが前回のような距離の近い感じではなく、林さんは淡々としかし重めの口を開いてこう言いました。
「野間良枝さん。本日はひとつのことを選んでもらわなければなりません」そこで少し間があきました。「突然そんなことを言われてもよくわからないと思います。ですが、選ばなければならないのです」そう言って林さんは静かに沈黙の時間を取りました。なんでしょう、そのときの表現しがたい不安な気持ちは。
有無を言わせない雰囲気というのでしょうか、私は知らずのうちに唾をひとのみして「はい」とか細い声で答えました。聞きたいことはたくさんあるような気がしましたが、どう口を開いていいかわかりませんでした。

林さんはアゴを数ミリ引いたぐらいの薄い頷きをして、ゆっくりと話をはじめました。

メインサイド(表)ここまで アウトサイド(裏)に続く

トップに戻るボタン