自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】トータルフットボール 0272

小学校でもそうだったが、中学に入ってからも画一的に決まり切ったポジションでしかやらないサッカーに疑問を覚えていた。フォワード(オフェンス)が多すぎる。また逆に攻撃しているときに残っているディフェンスが多すぎる。当時どのサッカーの世界でも433か442のフォーメーションが取られていた。その後リベロという攻撃に参加するポジションなども出てきたけど(今はもうない)その頃にはサッカーを止めていた。
フォワードは1人。ディフェンスは3人で十分で、あとは中盤の仕事の仕方を変えるべきだ・・・と中学の時に思っていた。が、そんな常識はどこにもなかったし、動かす力もなかった。

これもまた20~25年経って世界で採用されるようになった。

前話: 【千式】マルセイユルーレット 0271

次話: 【千式】レオナルド・ダ・ヴィンチ 0273

トップに戻るボタン