自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】ドラッカー 0404

本に話を戻すと、よく読む習慣が復帰したのは事業をはじめてからで、それこそビジネス書を読みまくった。最後にまとめてブックオフに売って6万ぐらいもらった記憶がある。他に自己啓発書を読んだ。中国古典ももう一度読んだ。
ハーバードビジネスレビューなどの雑誌もよく読んだ。ニューズウイークなどの国際情勢に関わる雑誌、女性を知るために読んだ女性誌、ファッション誌、経済誌など雑誌も月20冊以上は読んでいたと思う。本は月15冊ペースだった。

だが良書がなかった。ドラッカーを読んだことで他の本が読めなくなった(稚拙で)。当時出版されていたすべての本を読んだ。ドラッカーが与えた本質的な視点と世界観は計り知れない。ドラッカーが亡くなって、それ以上知識更新されないことが明らかになったので読むのをやめた。

前話: 【千式】カンフー 0403

次話: 【千式】小説復帰 0405

トップに戻るボタン