自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】ハードルが下がる 0513


家族の概念が変わってくると・・・正確にはまだマイノリティではありながら、離婚や再婚が社会的な選択肢として受け入れられやすくなってくると、その環境で育った子供の結婚の概念も変わる。
まず一発目で適切な人を選ばなければならない、外してしまったら失敗だという考え方が覆る。結婚をするということへの心理的なハードルが下がり、その結果未婚率が増える。やらなければいけない、必ずうまくいかなければならない、というプレッシャーが減ることで結婚に向き合わない習慣が生まれる。またそれを促進する一人での生きるうまい方法も認知されるようになる。
同時にさらに一部の人は、(今よりは)もっと気軽に結婚するようになる。ダメなら離婚という考え方があるなら、好きなら結婚ということを実現しやすくなる。
ただし、未婚のカップルが家庭を築くことと、夫婦別姓は根付かない。

トップに戻るボタン