自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】バス酔い 0337

遠足が嫌いだった。バスに酔っていた。6年の修学旅行まで毎回毎回バスに酔い吐いた。何も楽しくなく、苦行でしかなかった。今から考えると誰も行かなくていいと言わないのが不思議だし、行くものだと思っていた自分が哀れに思える。
乗り物酔いはもちろんあるが、考えてみると狭い空間に特に仲良くもしたくない連中と閉じ込められひな形の喜びを表現しないといけない(と思っていた)この世界が嫌だったのだと思う。

前話: 【千式】幼稚園が嫌い 0336

次話: 【千式】良い大人 0338

トップに戻るボタン