自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】三権分立 0531


自分の結婚のあり方を知るとともに、家族のあり方、家庭のあり方を知る。そうすると3つのうち1つずつか、2つは可能だが、もうひとつを採用するのは難しいということが起こり得る。
例えば2回離婚し3回結婚したなら家族は3つあることになる。さらに、家族とではなく恋人と共に住むことが理想的な家庭であるかもしれない。結婚はそういう自分をもっと促進させてくれる人であるとするなら、全てを両立するのは普通に考えて難しくなる。
モラルや社会通念のことではなく、個性の話だ。昔からやっていることはめちゃめちゃに見えて、周囲は幸せで、なぜか他人から支持されている人はいる。個性の軸がきっちりと筋を通し、自分に責任を持って生きているからだ。
そういう人は、そうなったとき、もう自分を偽った生き方はできない。結婚、家族、家庭をどうするか自分の道を探らなければいけなくなる。

トップに戻るボタン