自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】不幸を選ぶ 0487


不幸が現実と存在を動かすパーツの一部なのだとしたら、大事なことはどの不幸を、どのように経験するかにかかっている。だから経験しなくていい不幸ももちろんある。自分が不幸と思うか、感じるかどうかも関係ない。
少なくとも子供の頃は出自を選ぶことができないので、目の前の不幸や幸福を噛み締めて進むしかない。これは基礎訓練であって、選ぶ以前の問題だ。だからどのような場合も子供を甘やかす一方ならまともな大人には成長しない。不幸を与えなければならない。
子供なら適切な不幸を与えるのは親の役目だが、大人になったのなら自分で不幸を選ばなければならない。幸福を選ぶのと同じように不幸を選択する力を身につけなければならない。

トップに戻るボタン