自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】不登校 0537


今後マイノリティだとしても不登校は増える。いじめなどによる不登校ではなく、個性に合わない集団になじめない不登校が増える。今のところそのメンツの行き場所はない。学校というところで学ばなければ、どこで学ぶのか?の指針がない。親にも方針がなく、調べても出てこない。
一部の革新的な教育を行っている「学校を作る」というプロジェクトはある。必ず頓挫する。ほとんどが狭い世界で革命を起こそうとしている教育関係者であり、運営も行き詰まるし、実のところ教育でも行き詰まる。既存教育の不備から自分が思うところの教育をするので行き詰まる。
若く柔軟な脳は少なくとも10年は行き場がなく資産凍結されるような事態に陥る。ただその子供が大人になっても、通常の人生とあまり変わるところはない。

トップに戻るボタン