自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】世界の絶望 0801

791~800まで「貢献」を書いた。ここから「絶望と闇」を書く。

オレは世界に絶望している。これは揺るぎない。自分を生かさない者、人生をないがしろにする者、成果を上げて自分を正当化する者、そもそも全部諦めている者。人口のほとんどがこういう人で満たされ、周囲に関わってくるほとんどもそのどこかに位置している。
若い頃は自分もそうだった。若い頃の世界もそのようにできていた。それしかないと思っていた。今ではそれだけではないことは十分にわかる。だが基本的にこの世界のあり方には絶望している。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】TOPの貢献 0800

次話: 【千式】組織の絶望 0802

トップに戻るボタン