自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】事業の金使い 0607


得られた金は次の経済活動と、人を集め評価されるようなしくみに使う。「成果の評価」を拡大できなければビジネスで成功しても事業としては大きくなれない。金は使うために稼ぐ。成果を出す人により使う。
もうひとつ。成果の評価は多くの人が行う。多くの人が成果を評価できるようにするために使わなければならない。強みを評価し、強みの成果を知ることができ、自分もそうなりたいと思ったときに、そうなれるための手段がある。その手段にお金を使わなければならない。

トップに戻るボタン