自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】二重投資 0356

人生に役立つ勉強をするとする。例えば本を読む。同時にこの本が誰の役に立つだろう、誰に紹介したらいいだろうと考えると人への投資も可能になる。これを二重投資という。
困難なとき離婚する相手とうまくやる方法を経験しながら、同時に離婚後生活ができるように自力で稼げるようにする。これは同じ案件から2つの物事が生まれる二重投資になる。
二重投資をやりはじめると必ず忙しくなる。投資は人生のリターンとして返ってこなければならないので、忙しいことで中途半端になり、片方、または両方がダメになってしまうなら二重投資してはならない。

前話: 【千式】人に投資する 0355

次話: 【千式】実験投資 0357

トップに戻るボタン