自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】人が力を出す 0598


誰にとっても人が参加しやすいようにし、人の力が使われやすくする必要がある。最大値のアウトプットがもし制約的なことを出しているなら人は集まらない。参加した人が、自分の力を出しやすいようになっていなければならない。仕事仲間でも結婚相手でも同じだ。標準値以降のただのプラスの世界で自分がどの道に進むかが「促進されなければならない」。そのために人が動きやすくしなければならない。
これもやはり、目的まっしぐらではなく、目的が出現するように2歩、3歩先の未来に対して手を打たなければならない。

トップに戻るボタン