自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】人に強制する 0077

美しいということに絶対基準があるのであれば、それは矜持として守るだけではなく強制しなければならない。人にも求めなければならない。人が採用するかどうかはわからない。
自分の周囲、目の前の現実の連続が人生を作る。美しい生き方をするのなら、その周囲の、特に人が美しくなければならない。自分の人生を真剣に生きるために美は強制されなければならない。

もしその美がかなり通らないのであれば何かがおかしい。何かが間違っている。見返す必要がある。美の強制は「しなければならない」だけではない。多くの場合で通る。自分が自分であることの最上級が美であるなら、それを嫌う人が周囲にいるはずがない。
ただ未熟なものはいるはずだ。強制によって世界を美しくしなければならない。この努力が終わる日は来ない。

前話: 【千式】自分に恥ずかしいことを許さない 0076

次話: 【千式】無駄な努力はとても美しくない 0078

トップに戻るボタン