自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】人を傷つけるを、 0261

自分の真実に従って生きるというのは理想論ではない。かなり現実論で、現実は厳しいこともある。特に人を傷つけることを恐れていると真実から逸れることがよくある。人を傷つけることを避けてはならない。
自分の真実がはっきりしたならもう貫くしかない。方向をそこにするしかない。それ以外に答えはない。例えば結婚10年になるが、自分の心の真実はこの人ではないとなったら別れるしかない。それが相手や子供を傷つけるかもしれない。生活が不利になるかもしれない。現実は厳しい。
だからある程度強い心を作る必要はあるが、たとえ弱くても他に選択肢はない。そうだと思ったらやる。違うと思ったらやめる。だから毎日ランニングすることが心の真実の何かに触れているならやる。3日後に違うとわかったらやめる。そういう3日坊主が今年もう100回続いている・・・のだとしても問題はない。外しまくるのはなぜか検討はしても、心の真実に従うという態度は守られなければならない。

前話: 【千式】直接振込の募金 0260

次話: 【千式】従い従わない 0262

トップに戻るボタン