自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】人生の休息 0237

誰の人生にも休む時間がある。なければはじまらない。人生のある一定期間休まなければならないことがある。休むと恐怖が生まれる。生活は、稼ぎは、人との関わりは。自分は何もやっていない人間で、これからどうしていいかわからない。
人生上の休日は感情に負けずに休まなければならない。でなければ次につながらない。多くの場合で何かをやりきったとき、行動で何かを培ってきた後に休む。
休むべきときを無視して自分を働かせるとしわ寄せがくる。病気になって強制的に休まされたり、燃え尽き症候群となって無気力で何もできなくなったりする。人生上、休むことは忍耐であったりする。

前話: 【千式】全力の支え 0236

次話: 【千式】他人を参加させる 0238

トップに戻るボタン