自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】人生全う 0980

必ず死ぬ。死は現象でありながら動詞でもある。意識と能動が必要になる。人間だけが死を意識できる。動物は死自体を意識しない。何か遠くなる無意識があるだけだ。
長い目を持つということは、この最後の能動を行うまでにどのような能動で世界を作れるかに取り組むことにある。今から死ぬまでの間に何が成されるか。これが人生視点を生み出す。漫然と受動的に生きているなら漫然と死ぬしかない。
死は身近ではない。まだまだ生きる前提を誰もが持つ。まだまだ生きるなら、長い目でできることがある。そこに取り組んでいる者が人生を全うする。

前話: 【千式】若さの秘訣 0979

次話: 【千式】一次(1) 0981

トップに戻るボタン