自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】今の相手は過去 0641


601~640まで「標準値後の未来」について書いた。ここから「個別化された未来」について書く。

教育者もコンサルも夫や妻も、優れている人は必ず個別化して相手を見る。その人の特徴や性格、も少し深ければ資質や人格を見て、それに合った方法や考え方を取り入れるだろうし、関係を築く。
だが、そのほとんどの個別化に未来は組み込まれていない。今の相手を個別化してその人自身を見ている。ということは、その人の過去を相手にしているのと変わらない。なぜなら、今明らかにできる相手自身は過去の集大成でしかないからだ。

トップに戻るボタン