自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】他力の本質 0700


未知は標準値の先になる。当然時系列で未来になる。未来は出現しなければならない。出現する未来でなければ何もしていないのと同じことになる。だが成果に注目すると繰り返しを拡大するだけになる。未知ではない。
他力が集まると組織になる。組織の活動が事業となる。個人の活動は事業ではない。事業は自分では成せないことを成すために行う。人生も自分では成せないことにトライするためにある。
他力の本質はこれを可能にすることにあり、出現する未来を生み出すためにある。他力と自力の総合力が自分自身になり、その歩みが人生になる。自分個人の思い通りに捕らわれていればこれは手に入らない。

トップに戻るボタン