自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】伴走 0594


何事もうまくいく世界で、常に準備不足でありながら走り出す。何をどのように進めるかは手持ちの駒からはじめる。例えば強みを使う。標準値では強みはすでにある程度発掘されている。強み発掘は特別なことではなく普通でしかない。自分を知るということは当たり前のことであって、感動するようなことではない。
自分の手駒を使いながら、誰とその世界を歩むか?を選び続ける。標準値以降のプラスのみの世界で最も大切なことは誰と伴走するか?ということにつきる。もはや人は、自分を生かす人だけが標準値になる。どの「自分を生かす人」と共にするかを選ぶ。
認めてくれるとか愛し合えるとか、そういう当たり前のことは全く問題にならない。

トップに戻るボタン