自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】何度も結婚する 0386

数百年前は十代半ばごろに結婚した。時代背景的に子孫存続のために結婚を早く行ったが、寿命が短く、大人になることや責任を負う年が若かった。今は当時とは比較にならないほど寿命が延びている。そして知識文明が複雑化して人生の選択が増えている。さらに、人口が増えている。
この現実を見てみると、人生の可能性や選択肢は増えている。早く結婚することも遅く結婚することも可能になった。そして、人生が長くなったことで、それぞれの期間の自分のあり方の変化の種類が増えた。つまり、その時々の自分の人生に必要な結婚を選ぶことができるようになった。寿命、選択、人口から何度も結婚することが可能になり、ほぼ必要になってきた。

前話: 【千式】結婚は人生の一部 0385

次話: 【千式】友達と仲間 0387

トップに戻るボタン