自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】個人の統合 0632


個人の力が社会の制約を超えて発揮されるなら、なぜ不自由なルールに組み込まれる必要があるのか?強みや個性が成果を出せるなら、既存の組織とルールに縛られない人口が増える。特に若い世代でそれが多くなる。この未来は出現する。
だがその先の出現する未来もある。個性を生かすことが標準値であれば、個人は必ず限界に至る。割と早い段階で自分の力による自分の限界が見えて来る。周辺の人と協力してみたり、強みの共同にトライしてみるがなかなかうまくはいかない。
その先の未来は、そのまま個人を維持する者と、それよりもより少ない個人の成果を統合する者とに分かれていく。統合する者がその先より標準値以降の世界を作る可能性を持つ。

トップに戻るボタン