自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】光源 0771

741~770まで「強みで生きないリスク」を書いた。ここから「光源」を書く。

映画で洞窟に迷ったとき、脱出するときはいつも一条の光が現れる。それが次の世界や、次のストーリーにつながることを誰もが知っている。洞窟のシーンが終わり、外の世界のシーンに切り替わる。この光源はこれまでの終わりと、これからの始まりを意味する。だが希望をは意味しない。
光源をよく感じるのは、これまでの暗い世界(洞窟)の閉塞から、これからの明るい世界(外の世界)の希望に移るときだが、それはわかりやすいというだけのことだ。光源は明るい世界にもある。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】資源の成果 0770

次話: 【千式】明るい未来 0772

トップに戻るボタン