自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】共に歩む人 0615


プライベートで共に歩むというと、真っ先に来るのは嫁になる。心を通じあわせることと、何かを目指すということの両立を行う。だが、嫁でなくプライベートで何かそういうこともできるはずだと思う。ライトなところで言えば趣味仲間がある。
共に歩むには方向性があり、その方向に対して成果や気持ちを分かち合う。オレの場合趣味は極端に少なく、人付きあいが悪く、知らない人とコミュニケーションを取りたくない。だから仕事の仲間がこのポジションになることが多い。
だが、嫁でも仲間でもなく、共に歩む何かはあると思っている。まだそれは明確にはわからない。小さいことなのだろうなとは思う。

トップに戻るボタン