自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】冪乗則 0738

出現する未来はどのくらいの確率で出現するのか。もちろんモノによる。移り変わりの激しいものならスパン短く生まれ、スパン短く死ぬ。だが世界構築となると時間がかかる。そして時間がかかっても採用されずに終わる圧倒的多数となる。
未来の出現は冪乗則どおりになる。数式はモノによって異なるが、最も採用されるものや最終的に採用される1つは、その他の圧倒的な不採用の上に成り立つ。しかも2位以下を突き放す圧倒的な採用になる。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】革命はない 0737

次話: 【千式】世界の2通り 0739

トップに戻るボタン