自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】出現する未来 0501


いよいよ千式後編500話。全て未来に関わることを書いていく。まずは「出現する未来」について。

出現する未来という言葉はドラッカー用語だ。未来を予知しその通りに作ることはできない。これが鉄則。未来予知したという人のほとんどが「何を予知しなかったのか」無視されている。予知が外れたことも無視され、当初の予知の意味が違ったことも無視される。

未来についてわかっていることはそれが必ず出現するということで、その出現の中でわかっていることは経験則や高確率の物事だ。例えば台風が来れば死ぬ稲も出てくるが、台風が来なければ不作になる、今年は台風がどのくらいきているから米の生産はこういう結果になるだろう・・・というのはかなり正確に出現する未来を言い当てる。
未来は出現する。何が出現するかは、それが出現すべくするものが出現する。予知や予想で未来は決まらないし、プランニングや目標設定で思い通りの未来を作ることはできない。

トップに戻るボタン