自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】勉強の多様化 0540


これまで教育といえば、専門的に掘り下げることを目的にした。学校で多数の科目を勉強しても、大人になるにつれ専門分野を絞るようになっていた。だが大人になってからの教育は分野を広げるようになっている。各分野の勉強は、それを勉強するときは掘り下げるようにできている。だが、各分野という物事自体が多様化して増えている。
ほんの10年前までプリザーブドフラワーやリンパドレナージュという言葉はなかった。少なくともほとんどの人が知らなかった。今でもマイノリティだが、知っている人の数が増えている。ヒーリングやスピリチュアルを扱う人もほとんどおらず、学ぶこともできなかった。
ジャンルの多様化は同時に、教育が個人を育まないことの表れで、自分を失い自信がない人が何かを求めてさまようために起こった二次的被害だともいえる。

トップに戻るボタン