自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】勢い 0786

自分の身内がついうっかり何かの扉を開くことがある。あるいは自分でそれをやってしまうことがある。そのはずではない扉を開いてしまったら、次はそれをきっかけにその世界に進出する。それが光源であることには変わりがない。
扉の向こうにはこれまでとは違う世界が展開されている。これまでと違う世界に進むには、これまでと違う方法が必要だが最初はそれがわからない。最初にできることは勢いで押すことだ。だから一度扉を開いてしまったら、それが望まない扉であっても勢いをつけるしかない。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】ヤマハの教室 0785

次話: 【千式】ナルニア国 0787

トップに戻るボタン