自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】可能性の経験 0626


成功と幸せの放棄がベースにあるので、だから、可能性や未来に長けている人はほとんどいない。創造が得意な者も、自分個人の強みの範疇で活動したがる。しかも分野を特化する。標準値後の世界を出現させる人は本当に少ない。
そういう人がいなければ、成功者や幸せを得ている標準値が高い人をどのように繰り、扱うか組み合わせや用途を考える必要がある。その力によって未来を出現させる。だが同時に、わかりやすい目標を立てることで人の視点を強制的に未来に向ける必用がある。そうなってしまうようにする。一時的ではあれ、未来に足を踏み入れるということが可能になり、成功や幸せに溺れている者に可能性を経験させることができる。

トップに戻るボタン