自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】合気 0047

人の気持ちや状態がわからない。この時点でもう人間として劣っている。気を自己中心的に使っている者はこれがわからない。わかろうともしない。
気を合わせることは訓練で誰でもできる。相手の状態、顔つき、手振り、口癖を真似て、相手の背景や心理も再現する。相手を一人の人間として「自分も相手のように生まれ、育ったらそうなるかもしれない」という前提で相手そのものになりきる。気を合わせる。
人の気持ちがわかるというのはこの延長線上にある。

自分の気の扱いしか知らなければ、それがどんなに上手くても結局は自己中でしかない。

前話: 【千式】休息を持つ 0046

次話: 【千式】気力が強い弱い 0048

トップに戻るボタン