自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】向きの間違い 0595

素直であるかどうかとか、ブロックがあるかどうかとか、そういうマイナスはとうにクリアされている。強みを使うことも個性を使うことも前提として当たり前になる。そういう者同士で何で結びつきあい、何では結びつかないか、そしてどの方向に進むかだけを心配する。心配というのは心配りのことだ。
間違ってもプラスの世界をもつことをいいことに、マイナスの人に手を差し伸べるようなことをしてはならない。プラスを共に進む者と進むべき方向に進まなければならない。マイナスのものを引き上げることはできない。

前話: 【千式】伴走 0594

次話: 【千式】最大値 0596

トップに戻るボタン