自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】失敗に金 0608


次の段階で、「強みで成果を出し評価されている人」が儲からなくてはならない。そしてその人が儲かった金を使って、自分の強みを超える成果を出せるようにする。その人のタイプにもよるが、そのうち個人にとって金はどうでも良くなる。潤沢にあることが保証されれば金に興味をなくす人は増える。より強みに集中できるようになる。
だが、その集団に金が集まってくるようにはなっている必要がある。どんどん集まるために組織が力をつけている必要がある。ムダにもトライできなければ強みや素質は伸びない。もはや成功することは標準値なので、失敗する可能性の高いことにも金を使えるようにしておく必要があり、その体制をしてまた人が魅力を感じ集まるようにする必要がある

トップに戻るボタン