自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】存在が次を作る 0497


今生きているこの瞬間の現代で、否定されることがある。常識に反していることがある。その中でその後の未来に採用されるものと採用されないものがある。時代を先取りすることなどはできない。スタンダードになったものには偶然に左右されたものが多い。だが。
できてしまう強みが存在系の強みとなり、その影響によって強みがただの存在系になる。つまり標準化する、ということははっきりと言える。時代を読んでいるから先駆できるのではなく、存在軸に従って生きているのでそのうちのいくつかが明日採用される。
優れているから採用されるのではなく、便利だから採用されるのでもない。どちらも消え去るものはごまんとある。個性の生き方を「それは自分もやってみたい」と思う人がいるから広がる。最初は存在連合軍に広がる。
存在が次を作る。

トップに戻るボタン