自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】存在が薄い理由 0475


ということは、存在が薄いとしたらそれは誰かとの関わりを断ち、人に影響を及ぼさないでおこうとしているということだ。それでも存在系の強みは自動的に発動する。これが強い人は存在を隠しきれない。弱い人は孤独に陥る。

存在は絶対に色濃くあるべきで、でなければ別に人間に生まれなくてもよい。草で十分。色濃さはどのように鍛えるのかというと、身近な人のために自分を使う。心も気も、美も理解も使って大切な人と大切な関係を作る。体を張り盾となり、後ろ盾となる。
こういうのは行動だが、その行動の積み重ねが存在を強化する。本当に大事なものを大事にできないヤツは存在が薄い。つまり、お前なんか別にいてもいなくても一緒ということだ。自己中なヤツも同じ。

トップに戻るボタン