自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】実務家 0622


大きく評価され、経済が集まる場から出現する未来を作る。その未来をは標準値以降の人によって作られる。その「人」の中には、オレの言っていることをそのまま体現できる人が必要になる。出現する未来はよく分からない。評価と経済の場が生み出す予想できない成果もよく分からない。それを読んで次の方向を示すのがオレの仕事であり、それに従って現実化できる者が必要になる。
既存の成功や幸せ、成果を生み出す考え方しかできない者は役立たない。むしろ足を引っ張る。そういう人は金を出してくれればそれでいい。
大事なことは出現する未来を実務として具現化できる人だ。

トップに戻るボタン